メンズ白髪染め

 

髪や頭皮に優しい白髪染め

一般的に広く使われている白髪染めというとドラッグストアや薬局で見かける一剤と二剤をを混ぜて化学反応を起こすようなヘアカラータイプの白髪染めです。

 

ケミカルな白髪染めは、頭皮に刺激があって、逆に白髪を進行させてしまったり薄毛になったりしないか心配になりますよね。

 

そこで、男性の頭皮にやさしい白髪染めにはどんなものがあるのでしょうか。

 

ひとつは「白髪用ヘアカラートリートメント」があります。

 

シャンプーの後に白髪用ヘアカラートリートメントを塗って放置した後に洗い流します。

 

昆布成分やヘナなどの天然成分が多く含まれていてとても頭皮にやさしく白髪を染めることができます。

 

最近では特に昆布系(利尻昆布やガゴメ昆布)の「ヘアマニキュア」が人気が高いようです。

 

髪や頭皮にダメージがないため、年齢とともに薄毛や抜け毛が気になり始める男性でも安心して使うことができます。

 

反面、ヘアカラータイプの白髪染めに比べて色持ちが悪いので月に数回はトリートメントで染める必要があります。

市販のヘアカラーが薄毛の要因になる?

白髪染めを使うと見た目は良いのですが、薄毛を進行させてしまう原因にもなります。

 

薄毛に悪影響を及ぼすのは、ケミカルな白髪染めです。

 

美容院で一般的に使われている刺激のあるカラーリングやドラッグストアなどで売られている一般的な白髪染めです。

 

一剤と二剤を混ぜることで化学反応を起こし、髪の毛が思い通りに染まります。

 

メリットは、まったく違和感なく思い通りの色にきれいに染められることです。

 

しかし、化学薬品を使っている為、頭皮に強い刺激を感じたり薄毛や白髪を増す原因にもなります。

 

一方、「ヘアマニキュア」や「ヘアカラートリートメント」は非常に頭皮にも優しく白髪を染めることができるため薄毛の心配がありません。

 

ただ、ケミカルカラーと比べると色持ちが悪かったり、黒い髪の毛と白髪の染まり具合がバラバラで見た目が悪いというようなデメリットはあります。

 

カラー剤の刺激が気になる方、最近、髪の毛が薄くなってきた方、白髪が増えた方は頭皮に優しいカラーリングも検討してみるのをお勧めします。

 

美容師さんはカラー剤やパーマ液の化学薬品の刺激が強すぎて手肌が痛み、仕事を続けることができない人さえいます。

 

そう考えると白髪染めの化学薬品って地肌にとってもとても悪影響がある可能性が考えられますよね。

 

参考サイト:男性 白髪染め 【男性用白髪染め】徹底比較&選び方ガイド